4

厚労省が認定している美白成分には様々なものがあり、市場にも多くの美白化粧品が存在しますが、それらは、配合されている美白成分や、シミのできる過程のどのタイミングで効果を発揮するか、などの違いがあります。
それぞれの成分の効能を知り、ご自身に合った美白アイテムを手に入れましょう。

<厚労省認定の美白成分>
【ビタミンC誘導体】
言わずと知れた抗酸化効果の高いビタミンCの安定性を高め、肌へ吸収されやすくしたもの。
美白の他、アンチエイジングにも効果あり。

【アルブチン】
メラニン色素の生成を抑制する、コケモモやウワウルシの葉に含まれている成分。

【ルシノール】
チロシンがチロシナーゼと合体するのを防ぎ、メラニンが生成されるのを阻止する成分。ポーラ化粧品が開発。

【エラグ酸】
天然ポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用を持ち、チロシナーゼの働きを抑える効果がある。

【4MSK(4-メトキサリチル酸カリウム塩)】
資生堂が開発した、チロシナーゼを抑制する成分。シミの部分で発生しているメラニンを排出する効果も。

【プラセンタエキス】
皮膚の細胞分裂を促し、新陳代謝を助ける働きがある、哺乳類の胎盤から抽出された成分。

【マグノリグナン】
カネボウが開発した、チロシナーゼの成熟そのものを阻害する成分。

【リノール酸】
飽和脂肪酸の一種で、チロシナーゼを減らす効果がある。 体内では合成できず、食品から摂取する必要がある。

★チロシナーゼの働きを抑制する段階で効果を示す成分★
ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、トラネキサム酸、ルシノール、プラセンタエキス

★黒色メラニンの淡色化を促す成分★
ハイドロキノン、トラネキサム酸、L―システイン、ビタミンC誘導体

★メラニン色素が生成されてしまった後、表皮細胞への伝達を阻止する成分★
D-メラノTM

★肌の新陳代謝を促進する成分★
エナジーシグナルAMP 、レチノール、プラセンタエキス

<シミのできる前に有効な成分>
ルシノール、コウジ酸、アルブチン、リノール酸、エラグ酸、t-AMCHA、エナジーシグナルAMP、ニコチン酸アミド、TXC(トラネキサム酸セチル塩酸塩)、マグノリグナン

<シミのできた後に有効な成分>
ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、カモミラET、D-メラノ