10

巷には、たくさんの美白化粧水が並んでいます。どれを選べばよいか迷ったら、商品のパッケージに記載されている成分をチェックしてみましょう。厚労省の認可を受けている美白成分かどうかがポイントです。
成分を見てもわからない場合は「医薬部外品」と書かれた美白化粧水を選ぶもの一つの方法です。
医薬部外品とは、医薬品と化粧品の中間に位置するもので、体に対する作用が穏やかで、厚生労働大臣が指定した物です。医薬部外品の美白化粧水では、富士フィルムのアスタリフトのホワイトローション、サエルのホワイトニングローション クリアリスト、ライスフォースのディープモイスチュアローションなどが人気のようです。

<ビタミンC誘導体化粧水>
「ビタミンC誘導体」は、ビタミンCを肌に吸収しやすく加工しもので、美白効果はもちろん、ニキビやエイジングケアにも効果が期待できます。ビタミンC誘導体にはたくさんの種類があります。成分表には、例えば、APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)、リン酸アスコルビルNa、リン酸アスコルビルMg 、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、アスコルビル酸グルコシドなどと表記されていることがあります。上記に紹介した商品には全て、ビタミンC誘導体が配合されています。

<ハイドロキノン配合の美白化粧水>
アメリカでは早くからハイドロキノンの美白効果が注目され、化粧品にも配合されてきました。しかし、皮膚への刺激が強いため、日本で化粧品への配合が認められたのは、2001年のことです。高い美白効果が期待できますが、肌への刺激も強いので、使用前にパッチテストをするなど注意しましょう。
ハイドロキノン配合の美白化粧水では、ビーグレン Qusomeホワイトクリーム1.9や、アンプルール 
ラグジュアリー ホワイト ローションAO IIなどが人気のようです。

<アルブチン配合の美白化粧水>
アルブチンとは、コケモモやサンタベリー、梨、ウワウルシから抽出されたハイドロキノン配糖体の美白成分です。その他に、ハイドロキノンとブドウ糖を結合した合成のものもあり、前者の天然のものを「β-アルブチン」後者を「α-アルブチン」といいます。アルブチンはハイドロキノンより肌への刺激が低いことで知られています。「α-アルブチン」の美白効果は、「β-アルブチン」に比べて約10倍にものぼり、安全性にも優れていると言われています。アルブチン配合の美白化粧水を購入する際には、パッケージの成分表をチェックして、どちらのタイプのアルブチンが配合されているかを確認しましょう。単にアルブチンと記載されている場合は、「β-アルブチン」です。
アルブチン配合の美白化粧水では、オルビスのホワイトローションやちふれが人気があります。

美白対策の基本は、シミをつくらないようにすることです。美白化粧品もシミができる前から使ってこそ効果を発揮します。シミができる前に、シミ予防のアイテムとして、自分に合った美白化粧水をデイリーケアに取り入れましょう。